鹿教湯温泉 三水館 8

スポンサーリンク
鹿教湯温泉 三水館

にゃん蔵はいつも眺めた。我々も後ろからコソッと眺めた
CIMG0453

館内


古民家移築系。離れの蔵は移築再生で母屋は古材再生になるのでしょうか。
奇をてらった作りでもないし、派手さもない。金宇館と同じ建築事務所ではありますが
印象はかなり違いました。金宇館は優等生、三水館は裏番長。

最近は旅館だけではなくカフェも古民家系のお店が増えてますが、雨後の筍のようなブームの中
三水館が第一線で色あせないのは、やはりご主人の人柄が反映してるんだろうなと感じます。
スラっとした容姿でクールな笑顔のご主人、女将さんとのツーショット写真も雑誌で見かけますが
その清廉な外観とは裏腹に話してみると意外とダークな面をさらっと見せてくれて
ぶっちゃけトークに花を咲かせることもできます。まさに裏番長。

裏番長の仕切りで変なサブカル系に流れることもなく、どしっとした重さの旅館が在り続けます。
井崎正治さんの作品も重要ですね。不思議な楽しさが漂います。

宿泊中にこちらから宿主に絡むことはまずないけど、魅力のある宿には魅力のある宿主が
必ず存在していて、どこかしらで向こうからコンタクトしてくれる。そんな気がします。
逆もまた然り。施設や料理が気に入っても人に魅力を感じない宿は、後で感触が残らない。
と、人嫌いの人間が言ってみます。


受付
IMG_0130
ミーちゃんの居場所その1
IMG_4300

三和土
IMG_0128
冬には薪ストーブの前も特等席。薪の爆ぜる音が心地よい
IMG_0277
ミーちゃんの居場所その2
IMG_4331
寝づらくない?
IMG_4329
にゃん蔵も暖を取った
IMG_4193
IMG_4196

ロビー
DSCN2709
DSCN2711
DSCN2712
DSCN2708
寛ぐ人たち。ここはあえてスマホは仕舞ってアナログな物がおすすめです
DSCN2705

夜になって
DSCN8453

深夜になる
IMG_1622



にゃん像は今はここにいる
DSCN8270
個人的な意見になるけど、井崎さんの作品には「柔らかさ」の奥に心を不安定にさせる何かがある。

音や動きのない静かすぎる世界観に覆われていて、楽器を持った彼らがどんな音を出すのか想像できない
IMG_7261


6回目の食事 連泊2泊目 2013年1月

八寸
IMG_4301

IMG_4305
IMG_4304
>IMG_4303
IMG_4302
IMG_4306
ネギ鍋。ネギが増えてませんか?恐ろしい盛りです
IMG_4310
IMG_4309
IMG_4311IMG_4315
信州サーモン 山かけ
IMG_4312
麸の煮物
IMG_4313
IMG_4314
胡麻豆腐
IMG_4316
サラダ
IMG_4317
IMG_4318
岩魚の唐揚げ 餡掛け
IMG_4319
IMG_4320
鍋とこの揚げ物の組み合わせはヘビーです

酢の物
IMG_4322
香の物
IMG_4324
ご飯
IMG_4323
IMG_4325
デザート
IMG_4326
IMG_4327

朝ごはん 大体いつもの
IMG_4349
鮭は初めて
IMG_4351
IMG_4352
IMG_4353
温泉卵は卵焼きに
IMG_4354
IMG_4355
IMG_4356
IMG_4357
焼き海苔もレアメニュー
IMG_4360


IMG_4363IMG_4359IMG_4358

食事処の画像は少ないけど、光が溢れる中での食事は心地よい
IMG_4367

IMG_4368






タイトルとURLをコピーしました