渋温泉 御宿政喜1-1@序 部屋

2014年 9月宿泊

渋温泉 御宿政喜
長野県下高井郡山ノ内町平穏2095

渋温泉

温泉街も立派で外湯も風情もある。さほど俗っぽくないので個人的には草津温泉より好み。
お勧めは、オフシーズンの平日泊(渋温泉のオフシーズンが何時なのか知らないのですが。)

少なくとも冬は地獄谷温泉のスノーモンキー目当てで人だらけになってしまうので
いつも混んでるんじゃないでしょうか?

閑散としている温泉街、葬儀帰りの地元の人が喪服姿で家路につく中
自分たちだけが下駄の浮いた音をさせながら外湯を巡る。
日常と非日常が交錯する渋温泉、素敵でした。

御宿政喜は渋温泉の端っこに位置します。

その立地ゆえ喧騒とは無縁の静かな環境です。駐車場が敷地内にあるのも嬉しい。
渋温泉の多くは車を旅館に付けて従業員に共同駐車場に運んでもらうんではないですかね。

チェックインが14時で、一般的な旅館より1時間早く宿に入れるのもポイントが高いです。
この1時間が外湯を廻るときに重要なアドバンテージとなります。

小規模旅館ですが外観は民宿よりも立派。画像右手に駐車場が有ります。DSCN6086
DSCN6087 凛とした玄関
DSCN6078 玄関横に唯一のパブリックスペース
DSCN6077 階段を上がって
DSCN6076 階段すぐそばの「朝顔」に宿泊です。となりの「日の出」は食事場所として使います。
DSCN6797
DSCN6072 扉、踏込、部屋の順です。トイレ無し。
8畳和室に2畳広縁。
IMG_7934
DSCN6068
昭和を感じる冷蔵庫、コップ入れ。
IMG_7936 アメニティ DSCN6071
DSCN6067
DSCN6066
とても重要な外湯の鍵。ほんとは2つあると嬉しいです。
DSCN6063 外湯案内地図。
DSCN6064

女将さんは、寡黙な人で最小限の説明なんですけど悪い感じはしない。
ニコニコしてるわけじゃないけど頼みごとをすれば丁寧に対応してくれるし

布団は食事の時に敷いてもらえるけど、その前に自分で敷いちゃても良いと。
シーツがついたままの布団だったので使い回しと思いますが、値段を考えれば
これは自分基準でセーフ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました