スポンサーリンク

伊香保温泉 丸本館1-3@大正浪漫 黒船屋 ナイジェルバーガースタンド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
早朝出発なので、朝食を優雅に食べることはできない。宿泊プランに「朝食付き」はあっても「夕食のみ」プランは殆ど見かけない。そんな事情で素泊まりで宿泊したが、決して丸本館の食事に不満があるからじゃない。宿から出ずに食事が出てきたほうが嬉しいし、夕食の準備の匂いが館内に漂ってきたときに「ここの食事は良いだろうな、食べてみたいな」と思った。それにさ、素泊まりで一人5,000円という低料金で泊まっているのに、今回の夕食で10,000円以上使ってるんだよ。散財しすぎっしょ(7,000円は飲み物代です)

IMG_8158

風情を楽しむために、暗くなってから石段街に繰り出そうと思った。それに昼のカレーはとても腹持ちが良くてお腹が全然空いてくれない。ナンを2枚食べていたら夕食は食べられなかった。空腹になるのは20時頃、と体が言っている

18時過ぎに外からカラオケの音が聞こえ始める。岸権旅館の宴会会場から漏れている音だ。昔から変わっていないんだなぁ、と懐かしい(この件は次の記事に書きます)

19時。まだ完全に暗くなっていないが、風呂にも入り飽きたので外出する
IMG_8172 日帰りの人はもう帰ったし食事付きの人は食事中だし、お店はしまったし、という閑散とした時間帯
IMG_8176
夕闇の石段街が一番寂しくて一番美しいかもしれない

気温は15度。これからもっと寒くなるだろうなという冷気を感じる
IMG_8166

「大正浪漫 黒船屋」昼はカレー屋・夜はラーメン屋というお店。横手館のそば
IMG_7984

IMG_7985
夜はらぁめんの提灯が現れる
IMG_8179

店に入る直前まで営業形態を理解しておらず、丸本館を出る直前に再確認した時に夜はラーメン屋という事を知った。「(昼がカレーだったにも関わらす)ラーメンだけかぁ、う~ん…」と悩んだが、禁煙のお店ストックはこの黒船屋とナイジェルバーガースタンドしかない。二人してハンバーガーも博打だし、とりあえず店に入る事にした

ドアを開けるとご主人が「夜はラーメンだけですが良いですか?」と確認してくる
IMG_8182 ご主人ワンオペのようだ。表情が少し硬い

IMG_8181IMG_8193IMG_8194

席に着き注文を決め「すいません」と呼ぶと「お待ち下さい」と返事が帰ってくる。ほんの少しだけ、呼んだことを咎められたようなニュアンスを感じた

大きなピッチャーに氷入りの冷水を持って現れる
IMG_8184

心がほぐれないまま、注文を終える

IMG_8186
IMG_8187
IMG_8188
IMG_8189
瓶ビール 800円
IMG_8191

おつまみ炙りチャーシュー 600円
IMG_8197 見た目はとても濃そうだが、クドくなく柔らかい
IMG_8198 浸かっているタレも塩辛くない。香ばしくて美味しい
IMG_8200 チャーシュー丼のほうが良かったか。でもこれからハンバーガーを食べなくちゃだから

ぱりぱり餃子 500円
IMG_8208 ふんふん
IMG_8209
黄金ラーメン 950円
IMG_8201
IMG_8205 普段ラーメンを食べないので、上手な表現ができませんが美味しかったです。夜に旅館から繰り出した人用なのか、量はライト
IMG_8206
取り皿も料理毎に2人分用意してくれるし、ラーメンですら小分け用の小さい丼を持ってきてくれる。もう少し笑顔があっても良いかなと思うけど、僕はこの人の姿勢は嫌いじゃない。無骨なだけなんだと思う。「もてなせもてなせ」系の観光客の口コミが評価を下げているようだけど、観光地であんまり多くを求めるなと。横柄と無骨は違う。でももう少し笑顔があっても良いよ

次は「映えw」の為にお店を変えます。ナイジェルバーガースタンド

昼間
IMG_7957

IMG_8214 この場所はもう石段街とはいえない場所で街灯もないから周りは真っ暗闇。店だけ光り輝いている

注文は店外で
IMG_8219 おしゃれなのは分かるけど、英語がメインで日本語がサブのメニューは見辛い。おじいさんは小さい文字が読めない。冊子になっていればゆっくり確認できるけど、掲示だけだと目がチカチカするだけで情報が入ってこない
IMG_8220 ファストフード店での注文も意味もなく焦る性格なので
IMG_8221
IMG_8222 「Kimuchi DAIKON」とかの大文字と小文字の変化球も見づらさに拍車をかける
IMG_8223
IMG_8224
ビールのメニューを見てもさっぱりわからない。ビールの銘柄なんて知らないもん
「170種類以上置いてあるので好みを教えてくれればおすすめをご用意します」
「黒ビールでもったりしているものを」
「アルコール度数は高くても良いですか」
「大丈夫です」

ご主人が出てきて空ビール瓶を次から次へと並べ始める。「これはイタリア、これはエストニア、これはこれはこれはこれは…」
IMG_8215 親切なのか遊ばれてんのか小馬鹿にされてんのか正直わからん。だって瓶見てもわからないもん。溢れんばかりに瓶が出てきたけど、なんかもっと並べたそうだった
IMG_8216

91uO6fqahML._SL1500_
※画像をお借りしました

ラベル買い!!
IMG_8226  「1800円になります」

!!!

(正確には「これはちょっと高くて1,800円になりますがよいですか?」「・・・大丈夫です」)

「高いからやめます」って言えないねぇ。僕がその時思ったのは「高いからホントはやめたい」ではなく「わぁお!たけぇ!!」という驚きだけだった。財布に6000万くらい入っていたので、高いのは別に構わなかった。でも、瓶に値札が付いていたら選ばなかったけどww

白い馬がWhite Pony Microbreweryという醸造所のロゴマークらしい。非常に悪い顔をしているIMG_8246
アルコール度数は10%
IMG_8237
注文が終わったら会計して店内へ
IMG_8217 おしゃれ、というかやや前衛的でおじいちゃんには理解しづらい世界
IMG_8218 店内はラッカー臭さが気になる
IMG_8240 冷水
IMG_8239
IMG_8241

教えられた通り、蓋を開ける
IMG_8230
「スコッ」という感触と共に綺麗に栓が抜ける
IMG_8232 普段は口で開けているので、とても便利に思った

色んな場所に栓抜きがある
IMG_8243
とmこじゃないよ、栓抜きだよ
IMG_8245
黒ビールを頼んでおきながら、注いだ時に墨汁のような液体が出てきて二人してビビる
IMG_8234 黒ビールって納豆汁だよな、と個人的にいつも思う。希少性の1800円

とmこさんはピンクグレープフルーツジュース
IMG_8236 なんかおしゃれ
IMG_8238
伊香保とは思えぬ店内だが
IMG_8266
窓の外はちゃんと伊香保伊香保している
IMG_8265
ポツポツと夜の伊香保神社方向へ行く人がいる。河鹿橋のライトアップでも見に行ってんのかね

ハンバーガーは注文から20分掛かるとアナウンスが有ったので、貸切状態の店内でキャッキャッして遊びながら待つ。時間は腐るほどある

ナイジェルバーガー 1,200円
IMG_8255 スリッパみたいなベーコンがはみ出している

ソースやチーズで摩擦係数が下がっているのでクネクネといやらしい動きをする
IMG_8257
形を保つのが大変だ。こういう見た目重視・実用性皆無な高さのハンバーガーには金串とかが刺さっていたりしないのか?せめてナイフとフォークがあれば良いのに。改めておじいさんには理解できない

ま、その食べにくさについて二人でキャッキャッと騒いで楽しんだんだけども

口をどんなに大きく開けても具をついばむ程度しか口に入らず、最終的に肉だけ取り残された
IMG_8268 ベーコンがしょっぱくてしょっぱくて、ベーコンはとてもしょっぱくて体に悪いと思いました

どうでも良いけど大きく口を開けて食べようとすると、鼻に皺が寄ります

(数人、試した人がいる気がする。)

いつの間にか夜の石段街に変わっていた
IMG_8272

さて、次は8年温めていたメインイベントだ。伊香保の夜は長い

コメント

  1. アバター うなぎ より:
    インスタ映え重視のオシャレ系自慢したがり店主の店って感じですね。需要があれば別に何も言うことは無いけど、自分は行きませぬ。
    瓶ビールで1800円は無いわーwwww
  2. アバター とむこ より:
    >>1
    僕は新しいお店には頑張って欲しいので、多分また行くと思います。コロナエキストラは500円でリーゾナブルだし。煙草臭いお店で我慢して食事するより、伊香保らしからぬ綺麗なお店でワクワクするのも良いものです
タイトルとURLをコピーしました