来馬温泉 風吹荘 2@風呂

2014年 9月宿泊

待望のお風呂へ

お風呂は別棟になっていて少しだけクネクネした廊下を歩きます。
一階よりも更に下がります。
DSCN3053

途中には湯あがり所として使えるスペースも
DSCN5937

日中は立ち寄り湯の受付もしてるので、地元の方も観光の方もそれなりに多いです。
男女の入れ替えはなし、湯船も内湯のみ。

脱衣所
DSCN5936
4人以上になると、少し窮屈

男湯
DSCN3055
女湯
DSCN5982
左右対称の作りですね

ほんの少し濁ったお湯(気泡のせい?)に湯の花が舞ってます。
タイルの変色でも分かる通り鉄臭さもあります。DSCN3069
DSCN3065
DSCN3067
非加熱・循環なしの掛け流しです。
湯量が多いので溢れっぱなし、という表現がピッタリ。
貸し切り時に寝湯として使ってみると背中がグワーッと温まります。
お湯自体も結構アチチです。
DSCN3061
日中よりも夜間の方が、涼しい夜風のおかげで気持ちよく湯浴みができました。

如何にも火山で熱せられた威勢の良いお湯なので、魅了されてしまうと
他所の温泉のハードルが上がってしまいますね。

排水が間に合わないようで、シャワーを同時に使用するとタイルが泡だらけで
見たくない光景になります


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました