奥鬼怒温泉 手白澤温泉ヒュッテ 1-6@跋 朝食 帰り

いつごろからか、雪が降り始め朝には15センチは積もったでしょうか
新雪に覆われた世界は昨日見た雪景色より丸みを帯びて柔らかい雰囲気となりました

止みません
DSCN7879
7時半に昨日と同じ場所で
DSCN7849
DSCN7850
DSCN7853
味噌汁は後から配膳されます
ゴテゴテしてなくて胃もたれしないメニューです
DSCN7857
DSCN0297
DSCN0299
DSCN7852
DSCN7867
DSCN7866
DSCN7865
DSCN7862
と言いつつ、お櫃は結構な量のご飯で、1人2杯ずつで完食
DSCN7855
DSCN7860
お腹いっぱい

夕食時にお願いしていた「おにぎり」も朝食時に渡されます
DSCN7872
中身をご紹介 ※2018年現在内容が変わっています

包を開けると海苔(パリパリです)
DSCN7963
お握りは2個
小分けにされた佃煮とごま昆布
DSCN7964
更に梅干しも
DSCN7967
おにぎりは2つで1.5合はあるかな?すごいボリュームでした
朝ごはんでお腹いっぱいだったので、帰宅後の夕ご飯となりました

朝食でお腹が満たされるにつれ、気分が沈んできます
チェックアウトまで2時間を切り、帰りの行程をどう乗り切るか・・・
何度も「もう一泊させてください!」と言ってしまおうか悩んだ末、やっぱ仕事しなきゃだもんね
でも、次回は絶対連泊しましょ

岳は朝も繋がれてます
DSCN7903
なんでも近隣旅館まで出張する故だとか
どうせ何かやらかしてるんでしょ♫

出発前に記念写真を撮っていただきましたが犬連れ旅行みたいな出来上がりに
BlogPaint


10時ぎりぎりに出発です
DSCN7908
うっすら轍が残っていますが、まだ除雪されていませんね。
DSCN7910
10センチほどの新雪をかき分けながら進んでいきます
10センチですが歩いていると徐々に重たく感じます
DSCN7915
雪は止まず体にも積もっていきます
BlogPaintorder=”0″ height=”360″ width=”480″ src=”http://livedoor.blogimg.jp/timoko/imgs/e/7/e77cefe4-s.jpg”>
また来ますね
DSCN7917
わかりにくいですが小さい雪崩が幾つもありましたDSCN7919
加仁湯のバスもスタックして除雪車に牽引されてました。
DSCN7921

こんな事もありましたね
スタック中に遭遇したのですが、バスの運転手から「近づくな!!」と端から喧嘩腰
わかりますけども、待ってる間まさにその危ない所をあなた達がずっとウロウロしてますがね
誘導もされず、結局危ないまますれ違いました
じゃあ加仁湯には近づきませんね
DSCN7922
戻ってきました
DSCN7926
帰りは2時間で到着です。
行きに比べて下り坂なのでそれほど時間はかかりませんが
滑り止めとストックはあったほうが良いと思いました

川俣湖も湖面が雪で真っ白
DSCN7938

汗を流すため立ち寄り湯に

開運の湯(map
栃木県日光市上栗山179-31
DSCN7939
雪のためか、受付の人もおらず無人
DSCN7942
DSCN7940
DSCN7945
DSCN7943
DSCN7944
手白澤の透明なお湯とは正反対の良いにごり湯でした

道中では辛い思いもしましたが、過ぎてしまえば良い思い出
大変な出来事ほど後々話題に上るので旅行のトラブル、好きです

岳は看板犬としては100点あげます。番犬としては0点だよ
少しはおとなになったかな?

季節を変えればあと3回分楽しみが残ってます。冬のリベンジを入れたら
4回楽しめますね

おしまい


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました