奥鬼怒温泉 手白澤温泉ヒュッテ 1-5@夕食

夕食

18時から客室向かい側の「日光」で
DSCN7846
この広い空間を2人で使うのは申し訳ない・・・
DSCN7766
BGMが流れていて、山奥に居るのを忘れそう
(take thatのピアノサントラが頭に浮かぶのだけど記憶違いかしら)

L字型の食事スペースの向かいは薪ストーブがあって、時々薪が爆ぜる音がします
DSCN7760
水・緑茶・紅茶・コーヒーはセルフで
DSCN7761
DSCN7762
DSCN7763
ワインセラーもあります
DSCN7765
飲み物リスト
BlogPaint
値段は、当時の価格という事と了解も得ていないのでモザイクを掛けました
ビール大瓶を参考にしてください
これとは別に分厚いワインリストもありました

お品書きもあります。
BlogPaint
最初の配膳
DSCN7688
食前酒???(教えてもらいましたが教えてあげません)
DSCN7709
お新香
DSCN7697
前菜
DSCN7690
山女・チーズの燻製(自家製)
DSCN7692
八汐鱒のマリネ
DSCN7691
こごみの生姜和え
DSCN7693
わさび菜
DSCN7696
独活のきんぴら
DSCN7694
サラダ
DSCN7689
「お酒のアテ」という構成でしょうか?
疲れてるしなぁ今日はお酒要らないかなぁ・・・う~ん



DSCN7733
でも、そうはいかないですねぇ
日本酒でも洋酒でも受け止めてくれる素敵な組み合わせに負けました

この後は一品ずつ

岩魚の塩焼き
DSCN7724
お部屋からお風呂の間にこんな生簀があって、夕方お魚を掬っているのを目撃・・・あぁDSCN7824 
付け合わせもお座なりじゃなくて美味し

黒毛和牛のステーキ
DSCN7737
ご飯と一口蕎麦
DSCN7744
DSCN7745
リンゴシャーベット
DSCN7753=”0″ height=”360″ width=”480″ src=”http://livedoor.blogimg.jp/timoko/imgs/1/a/1a4ef4aa-s.jpg”>
シャーベットは薪ストーブの前に移動して頂きました
席についてからデザートまで70分程度、食事のスピードに合わせて配膳していただきました。

何時からかなぁ、玄関から悲痛な叫びが聞こえ始めるんです
繋がれちゃいますよね、当然

お昼ごはんのお握りをお願いしてご馳走様しました

「触ってくれれば、文句は言いません」
DSCN7784
DSCN7792
DSCN7787



夜の寝床は温泉が流れているパイプの上で
DSCN7821





コメント

タイトルとURLをコピーしました