奥鬼怒温泉 手白澤温泉ヒュッテ3-1@奥鬼怒遊歩道2

階段から始まり、高低差50mほどの登りが続く。勾配はここが一番強い。正確にはこの道は迂回ルートで奥鬼怒遊歩道ではないんだよね。まぁその正規ルートが崩落で使えなくなってしまったので、今ではこの道しか選択肢はないのだが

登りきって進んでいくと必ず目にとまる看板
IMG_6106

この看板まで来れば「歩道」の矢印に従って下るだけ

トレースを確認しながら斜面を下る。元々獣道に近いので構造物は雪で見えなくなっている。
IMG_6108

下りきるとちょっと遊歩道っぽくなるIMG_6109

倒木。潜るの大変だった。ガッツリ四つん這いになっても背中のスノーシューが引掛って難儀
IMG_6110

で橋が見えてきますが、その前に
IMG_6111
急な階段を降りなければならない
IMG_6112
階段の木が見えてるけど、氷でびっちり覆われているので滑り止めがないと怪我をします

橋の上の雪は少なめでした
IMG_6113

柵の高さがこのくらいあると安心BlogPaint
とmこさんはアクションカメラと一眼レフを駆使してます

これは3年前
DSCN7554
落ちれば死ぬんじゃないかな。この時はここで引き返した。

橋から河川敷に降りた地点で、ズボズボと雪を踏み抜く。片足がズボッと股まで埋まると脱出に体力を奪われる。脱出先でまた踏み抜いてしまうとゲンナリ

スノーシューを付ける
IMG_6118
IMG_6119
体重が「相対的に」軽いとmこさんはまだ平気。
IMG_6121
スノーシューは思ったよりも体力を使う。

足が重くなる・スノーシューがぶつからないように大股で歩かないといけない。雪を踏み抜いて脱出するよりは楽だけど、付けっぱなしで何キロも歩けるような物じゃないね。もっと優雅なものかと思っていた。

心の片隅で「これは安物だから…」という悪魔の囁きが聞こえる。来年のこの時の為だけにスノーシューを買い足すのか・・・


とmこさんに先行してもらいスノーシューが不要なところではこまめに外す
IMG_6122
でも所々でズボズボすると付けっぱのほうが良いんじゃねと後悔したり
IMG_6124
景色の話をしないけど、実際行程の大変さに気を取られて景色を楽しんではいない

氷爆が見えた場所は雪も溶けて土が見えている
IMG_6125
温泉湧出地(旧夫婦渕温泉?)だからこの構造物周辺は春のような雰囲気になっている
IMG_6127
IMG_6128
IMG_6129
暫くは雪のない道が続く
IMG_6132
雪深いところは1m以上だし、少ないところは10cmもない
IMG_6136

IMG_6138IMG_6141
対岸の雪崩後を眺めたり
IMG_6142
遊歩道にいたのは、我々と手白沢に同泊したご夫婦の合計4人だけ。
IMG_6143
毎度のようにひと気のないシンとした環境
IMG_6145
IMG_6148
IMG_6149
IMG_6150
二つ岩橋に着きました
IMG_6154
奥鬼怒遊歩道の1/3進みましたよ



コメント

タイトルとURLをコピーしました