奥鬼怒温泉 手白澤温泉ヒュッテ3-2@奥鬼怒遊歩道3

※工場長もそろそろ飽きてきました。ということでペースが戻ります

雪というか氷に覆われた階段を上る
IMG_6154
チェーンスパイクってとても優秀。全く滑らずにグイグイ登れる

ずっと鬼怒川の左岸を歩いてきたが、ここで崖になって道が途切れるので橋を2個使って崖を超えるようになっている

まずは右岸に渡るための「二つ岩橋」
IMG_6156

やや老朽化していて(雪が下に落ちるように?)下が透けて見えるこの橋は高所恐怖症の身にはキツイ
IMG_6157
先行しているとmこさんは橋の真ん中で呑気に写真撮ったりしてるから「早く行けって!」と急かす

で、左岸に戻るための2つめの橋「砥の岩橋」がすぐ出てくる
IMG_6161

マシュマロみたいな雪たちが橋から見えたらしい
IMG_6162

橋から落ちたくないので腰を落として歩く。風が何気に怖い。四つん這いで進みたいくらい
IMG_6163

看板は所々にあれど、距離とか時間の目安は載っていないのがもどかしい
IMG_6165

真っ青な空 冷気 人工音のない世界
IMG_6166

ここからはあまり変化がない景色が続く
IMG_6167

そして地味な上りも続く
IMG_6169

地味な割に体力は大きく削られる
IMG_6170

景色は美しいんだけどね
IMG_6171
IMG_6172
バックパックを肩だけで背負ってしまい途中から背中(胸最長筋)に激痛が走ってまともに歩けなくなってしまった。座高が高いせいか腰ベルトに合わせて背負った自分の姿がいつもだらしなく見えて(バックパックと背中に隙間ができる)気になっていたので、見た目重視で背負ってみたらとんでもないことになった。連動して持病も発症するし。30歩歩いて2分休憩みたいな超スローペースで進む。


IMG_6175

人工物が無いので、どのくらい進んだのか分かりづらい
IMG_6176
garmin見れば済む話だけど、物の出し入れが面倒でただの重りになった

あと数回歩けば場所場所の特徴を覚えられるんだろうけど、これは宿題だな
IMG_6177
IMG_6178
IMG_6179


こういう場所からは時々「ガラガラッ」と音を立てて落石がある。我々が見たのは拳大の大きさだけど結構怖い。大げさかもしれないがヘルメットがあったほうが安心かも
IMG_6181
不測の事態に備えて危なそうな場所は距離をおいて進みます。二人一緒に怪我したら大変だし

岳が迎えに来てくれれば荷物を背負わせることができるのにさ、居やしねえ
IMG_6182

ということで、八丁の湯に着きました。
IMG_6186

コメント

タイトルとURLをコピーしました