紀州鉄道塩原温泉 民宿本陣0@序

2017年3月宿泊

掛け流し天然温泉と創作料理の宿 本陣
 栃木県那須塩原市塩原1055


塩原の宿泊履歴を見ると「ゑびすや」「湯荘白樺」
両旅館とも極上の白濁硫黄泉

すぐ近くに白いお湯が有るのに透明のお湯の旅館を選ばなくても
と、塩原については思ってしまう

いつも塩原温泉街は素通り
400号線を走ると温泉街を通り過ぎたという認識すらない


そんな中、本陣は400号線沿いにあって青い看板が目立つ
運転していて目に留まる
IMG_6646

調べてみれば、完全放流式掛け流しで料理も良さそう
しかも直前割で1000円引き

2食付き・税込み6800円なら外れても痛くはない

やらしい計算してみると

直前割 税抜6296円  
素泊り 税抜4629円 

差額の1667円で2食分の料金であれば、はたしてどんな料理が出てくるのか

夜カレーライス、朝納豆ご飯でも納得の料金

とmこさんに
「今度の旅館は6800円ね」
と教えると
「?素泊まり?」
との答え

その感想は正しい


食事を取るため東北道を矢板ICで降りる
本来なら西那須野塩原ICで降りるのが一番近い
(矢板ICで降りて県道30号線を北上しても、塩原ICで降りても時間は変わらない)

道の駅 やいた
栃木県矢板市矢板114番地1
IMG_6625IMG_6626

14時近いので軽食を「農村レストラン つつじ亭」で

メニュー冊子はないので掲示で品定めをしつつ最初にレジで注文する
IMG_6623
下調べでは「鶏唐」「メンチ」で凌ごうかと思っていた


レジ前のメニューを見るとほとんど売り切れなのよ・・・
IMG_6624
矢板まんま(すいとんとかき揚げ丼)を食べたかったが
つれなく「売り切れ」宣告を受け、アワアワと目に付いたものを注文する

「そばカレーセット」「コロッケ一つ」「メンチ一つ」
IMG_6627

これを2人でシェアしようと思ったが、カレーのご飯が大盛りで軽食どころではなくなる
IMG_6628
カレーは辛味がまったくなく甘ちゃんカレー

蕎麦はソフト麺でもOKと期待していなかったが
IMG_6629
きちんとした食感のきちんとした蕎麦
IMG_6635
薬味が刻み山葵漬けのような変化球

お腹9分目で、4時間後には夕食だ。大変だ。
こういう「大変だ」を何度繰り返せば学習するのか

風呂に入り倒さねばならない

寂しい食事だったときの回避策として農産物直売所でパンを買う
とても美味しそう、というわけでもないが旅行時の少し浮ついた気持ちがハードルを下げる
まぁ非常食みたいなものだ

3月の寒の戻りで雪が舞う
IMG_6642

路面は問題なく、無事に到着

IMG_6647



コメント

タイトルとURLをコピーしました