奥山田温泉 満山荘5@夕食・朝食

食事は食事処のfood(風土)にて

DSCN5592

18時30分開始。まだ外は明るい
DSCN2976

お酒のラインナップ
リストはなくて瓶と相談しながら決めるDSCN5616

おしながき
DSCN5604
細かい説明付きで非常に親切。これにプラスされて若旦那の説明が加わる。この若旦那の説明の仕方が独特で、全てのテーブルに料理が行き渡ったらみんなに説明する。ちょっぴり学校にいるような雰囲気。駒の湯山荘も同じようなスタイルだけど、あちらはばっちり接客用語を使うのに対してこちらは言葉遣いが学校ちっくなの。

流石に料理の一つ一つの味は記憶から消え去っている。そのうち沓掛温泉 満山荘にいくからとりあえずの画像のみってことで(分かる範囲で書きます)

前菜
DSCN5605
食前酒
DSCN5610

生湯葉クコ柚子胡椒DSCN5609

信州サーモンのコンフィー(塩麹 アロエヤングリーフ シーサラダ)
DSCN5607 コンフィはほぼ生なんじゃないかという火の通り加減なんだけど、生魚が苦手なとmこさんが美味しく食べることが出来ました。低温で調理されていると思う

地物野菜他とピクルスなど(ビーツとパプリカのソース バーニャカウダーしょう油ジュレ)
DSCN5608

牛乳豆腐柚子味噌
DSCN2977 奥にあるのは天ぷらを投げ入れる皿

名物料理
DSCN5611

十六穀米スープ ドライベジタブルDSCN5614
癖もなく、優しい味

夏の天麩羅

天麩羅は最初の方で出てくる。揚げたてを若女将が一つづつ持ってくるんだけど、テーブルに置いてある大皿にどーんて投げ入れる感じw。まぁアトラクションとしては面白いんだけど油切れはあまり宜しくなくオイリーです

万願寺天唐    DSCN5618 どーん

まこも筍
DSCN5619 どーん

白れい茸
DSCN5617 どーん

信州りんご
DSCN5620
どーん

スティックブロッコリ
DSCN5615 どーん

DSCN5606
たぶんこの抹茶塩で食べたんだと思う

大岩魚のジェノバ風ソース
長芋椎茸ミニキャロット
DSCN5621
DSCN5622 付け合せ びわの生ハム巻きクリームチーズ 木苺ソース
DSCN5623


牛ヒレと冬瓜のお吸い物 独活人参ディル
.blogimg.jp/timoko/imgs/3/0/300c4af4.jpg”>DSCN2990

チーズの茶碗蒸し トマトねぎ
DSCN5626

野沢菜茶漬け
DSCN5630

りんごあいす りんご赤ワイン煮 マンゴーヨーグルトソース
DSCN5633
DSCN5634

朝食は通常はバイキングみたい。今回は宿泊者が2組だから?既に用意されてました。
DSCN5642 内容は変わらないじゃないかな。取りに行かなくて済むならその方が良い

DSCN5649
DSCN5646
DSCN5647
DSCN5648
DSCN5650
DSCN5651
DSCN5653
DSCN5662DSCN5658
繊細そうに見えて、繋がったネギが出てきたりする
DSCN5657

DSCN5659
おかずが多いからとろろは後回しにしていたら若旦那が「これ、とろろね。ご飯にかけて食べて」って意外と世話好きな一面を見せる
DSCN5660
DSCN5656
DSCN5654
ご飯は不思議な小盛りだったがお代わりあり
DSCN5641DSCN5661

DSCN5655

大旦那は食事中はいらっしゃらなかった。夕食時リサイタルのように登場する時もあるようだけど

コメント

タイトルとURLをコピーしました