板室温泉 onsenryokan山喜 5@夕食

夕食

夕食は18時からと18時30分から選べます。頃合いを見て食事処に向かう

夕食時には扉は開いているのでわかりやすい 
IMG_0842

入り口につくばい的な。涼しげ
IMG_1003
IMG_1002
水の流れが殆どないから苔むしているのが残念

個室が真ん中の廊下を挟んでいくつか並んでいる。



IMG_1001
館内の空調は作動していない。客室のエアコンが効いた部屋から移動した体には居心地が悪い。湯上がりだから汗が吹き出る。個室内にもエアコンはないし仕切りの上は開放されているから隣の声はよく通る。3組しかいないのに隣が乳児連れで「ファミレスみたいだね(とmこ談)」

暑いって言えば良いか?そういうこと言いたくないんだよね。エアコンは不要って宿が判断してるわけだし。

おしながき
IMG_0925

最初の配膳
IMG_0904
涼しげで綺麗

食前酒
IMG_0924


先附 野菜煮こごり 胡麻あん
IMG_0909
夏らしい見た目でさっぱりした野菜の煮こごりと甘めの胡麻ソースがよくあう


前菜 
 
鰻巻
IMG_0911
干瓢サラダ
IMG_0918
水雲(もずく)酢
IMG_0921
丸十(さつまいも)のレモン煮
IMG_0919
ガスパチョ カリカリベーコン
IMG_0913



鱧葛打ち 煮梅 蓴菜(じゅんさい) 柚子
IMG_0928

IMG_0931
煮梅をほぐしながら食べてください、とのことでした。出汁も良くて梅を崩すのが勿体ない

 
季節の鮮魚(海老とマグロ) あしらい色々(トレビス)
IMG_0940
エビはボタンエビだったか、大きくて立派。霜降りというか半生の状態で美味。
頭も火が入っていて足までポリポリと食べることができました。 

鮎塩焼 蓼酢
IMG_0944
立派なサイズ。頭の焼きが甘い。顎の皮までジブジブを炙られていると丸呑みできて嬉しい

IMG_0906

鮎の付け合せに梅の甘露煮
IMG_0946

栃木県産牛の味噌デミグラスソース煮込み
IMG_0963
IMG_0967
立派なキューブ。筋張った感じもなく、ホロホロ崩れます。うまい
この洋皿で急に満腹になる

酢の物 蛸のカルパッチョ
IMG_0974
タコも分厚い。酢の物で一息というより立派な一品

お食事
IMG_0976
IMG_0982
器がいいですね。遅飯でも乾かないですし。

IMG_0977
IMG_0983

自家製おしんこ
IMG_0978

椎茸佃煮
IMG_0979
IMG_0984
さり気ないけど、味が染みていてご飯のお供にありがたかった

IMG_0985

本日のデザート
IMG_0991




体を冷やそうと、館内をうろうろ
IMG_1011
IMG_1012

BlogPaint
バーに人の気配はないけど、やってるのかな?と厨房に声を掛けると
「新聞に書いてあったと思いますけど、きょうはバーテンがいないのでクローズですよ。希望があれば部屋にお持ちしますが。」だって

確かにテレビ欄のコピーの紙には書いてあるけどテレビ見なければそこまでチェックしないです。 
IMG_1062
客あしらいが下手。バーテン呼んで目の前で作れなんて思ってませんて。椅子があれば座ってみたいし雰囲気を楽しめればそれで十分なのに。こういう時はお酒の味なんておまけなんです。ワインセラーもありましたが、物置みたいな使われ方でbarの稼働率は悪いのかしらね。良い空間なんだけどな、残念




タイトルとURLをコピーしました