美ヶ原温泉 酒井屋旅館4@夕食1

夕食は18時半固定。時間になったら1階の食事処に行く

玄関の右手を指定された
IMG_7040

襖の向こうに洗面所やトイレがあったので客室を利用している様だ
IMG_7072

料亭みたい(行ったこと無いけど)
P_20191014_182846

天井の梁が立派
IMG_7153

何も置いてない、というのも初めてかなぁ。前菜とか並んでるじゃん?
IMG_7074

とmこさんは敷紙すら無いことに少し驚いていました。とてもシンプル
IMG_7075

テーブルに飲み口が付いちゃっているけど、部屋・館内・風呂全て綺麗だったので気にならない

ほうじ茶
IMG_7077

女子ウケする小物類
IMG_7078
IMG_7073  
小さい壁掛け時計がツボに入ったらしい
BlogPaint  
お酒のメニューなし

「なにか飲みます?」
「冷酒を2合ください」
「300mlの瓶になりますけど」
「じゃそれで」

岩波酒造 鏡花水月 純米吟醸生酒 1,200円
IMG_7080
烏龍茶 300円
IMG_7081

女将さんは配膳の度になにかしら小噺をしてくれる。時事ネタだったり自分の事だったり。初対面の我々を気遣うように距離感を掴むように接してくる

熱々のおしぼりが最初に出される「熱いからすぐに触らないでね」
IMG_7082
まず3品。酒井屋旅館では「前菜」とかにあまり囚われないほうが良いと思う
IMG_7084

「自分の食事のペースを守ること」

わざわざそう記すには理由が2つあって「一品が多い」「配膳が早い」に翻弄されて1泊目の食事は気持ちとお腹に余裕がなかった。「早く食事を食べ終わらせたい」という意図は旅館には無さそうなのでゆっくり慌てずに食べて良いと思う。テーブルが広いから次々と料理が運ばれてきても全然問題なかった

料理の説明はほぼありません。凝った料理なので一品づつ説明がほしいところ

湯葉
IMG_7085

分かりにくいと思うけど、多いの

上等の湯葉で餡も上品
IMG_7107

この器の深さよ
IMG_7109

大きめのプリン1個食べた感覚

ずんだ和え
IMG_7088

ずんだの自己主張は強くない。ゆっくり慎重に味合わないと顔を出さない。干し柿(だと思う)・人参・コンニャク・蟹

鯵の南蛮漬け
IMG_7091

彩りが非常に綺麗

鯵がでかい
IMG_7093

鯖のように身厚、そして半身分
IMG_7095

酢が抑えめでとても上品

アロエと椀
IMG_7096

てろ~んと長いアロエを初めて食べた
IMG_7098

癖はない

そしてこの椀が秋の塊だ
IMG_7099
贅沢だねぇ
IMG_7101

松茸・舞茸etc

IMG_7112


IMG_7121

マロニー(とmこ談) 葛切りかもしれないよ
IMG_7122

海老・銀杏も

IMG_7123

季節を感じる料理って良いね

刺身
IMG_7102

海の幸。山の幸はなし
IMG_7103

台風の後で流通も不安定なはずなのに鮮度も良かった

帆立グラタン
IMG_7105

帆立の貝殻をみると条件反射で貝殻のビキニが頭に浮かぶ人がいるようです
とmこ「ほらっ、帆立のビキニw」
とむこ「乳輪が隠れないんじゃない?」
とmこ「失礼な!」

ホワイトソースは柔らかめでしつこくない
IMG_7106

クルミがアクセントで面白い

帆立の固定には大根おろしが使われていた
IMG_7111
IMG_7110
野沢菜
IMG_7124

カキフライと原木舞茸

IMG_7129

カキフライもデカイし舞茸も立派
IMG_7127

タルタルソース
IMG_7125

ゆで卵が入ってなくて玉ねぎメインのあっさりしたもの。本来タルタルって「濃いの追加!」的な調味料だけど逆に口は爽やかになった

お櫃
IMG_7145

米爆弾。2合、いや2合半はあるかな?
IMG_7141

杓文字を差し込むと「シュワシュワ」と音が出る。この柔らかい感触と音は新米なんだろうな

米粒は立っているのにとても柔らかく甘い。デンプンの塊
IMG_7146

一杯ずつ盛って、まだこんなに残っている

IMG_7149

僕は『このツヤツヤな新米を冷やして食べたらどんなに旨かろう』と思ってしまった
とむこ「車に行ってタッパー取ってくるか…」
とmこ「部屋にジップロックあるよ」
なんと気が利くこと。じゃあ自己責任で冷や飯を仕込みますか

IMG_7142

味噌汁は茗荷が浮いていて良い風味
IMG_7144

野沢菜とシンプルな味噌汁。そして炊きたての柔らかいご飯。あぁ、長野だ
IMG_7148

デザートはない。前々から疑問だったのだけど、食後のデザートって要る?僕は無くても良いかなぁと思っていて、精々ブドウ1粒口に放り込んでお終いくらいが嬉しいのだけど違いますか?

この品数を1時間で食べ終えた。ちょっと忙しかったね。反省

部屋に戻ると茶器の交換、布団の直し等ターンダウンされていた
IMG_7154

最初から布団が敷いてあるから油断したぜ

コメント

タイトルとURLをコピーしました