高峰温泉5@夕食

夕食は18時開始固定。呼び出しはないので時間になったら食事処に向かう。僕らのように5分前に行く人もいれば、18時20分くらいに来た人もいた。そのへんのルーズさに対して従業員さんは嫌な顔ひとつせず接客をしている。でもまぁ少しずつズレたほうが慌ただしくなくて良いのかもしれない

食堂前の吹き抜け
IMG_4988


食事処はこんな感じ IMG_5047 丸太椅子を改造してベンチシートにしているけど、ちょっと不安定で座り心地が悪かった


入口に冷水が置いてあって、座席表もある
P_20190903_185223

(この座席表を見て14組が宿泊してるのを知ったのだけど、風呂では同じ人(3人)と何度も会うんだよ。だから宿泊者も6組くらいかと思っていたら、こんなにいて驚いた。風呂好きな人の行動は似るのだろう)


食事処入口で部屋を確認するとテーブルまで案内してくれる。食事担当の従業員は皆若い。てきぱきてきぱき。フロント係のおじい達との対比が楽しい

初期配膳
IMG_5050 8割方配膳済み。後から運ばれるのは、焼き魚・天ぷら・ご飯・味噌汁・デザート

水・お茶はセルフ
P_20190903_185234

メニュー表は1テーブルにひとつ
IMG_5072 飲み物
IMG_5052

浅間嶽 献寿 720ml 2,160円
P_20190903_180145 市価で1,400円。旅館で飲む時って市価の2倍が平均的な相場だと思っているので、ここの酒類は安い。

この浅間嶽「献寿」はさらりと旨い。スルスルと飲んでしまえるので食事中に3合は飲んだ。ちなみに標高が高いと酔いの周りが早いので下界にいるつもりで飲んだらだめだよ

とmこりんごジュース
IMG_5068 いつもは烏龍茶だが、どんな感じだろうと勝手に頼む。普通味

食前酒は赤紫蘇
IMG_5059
「アルコール度数が高い(25度)です」と言われたがとmこでも難なく飲めた

前菜が野菜のみというのも珍しい
IMG_5060 モロッコいんげん胡麻和え
IMG_5063 ブロッコリー香味漬け
IMG_5062 ズッキーニ酢漬け
IMG_5061 とうもろこしも前菜

IMG_5057 評価は分かれると思うが、僕は良いと思う。袋から出したような既製品よりもずっと暖かみがある。前菜は意外と後まで残ってしまうことが多いがここの前菜はパクパクと食べてすぐに無くなった

刺身こんにゃく
IMG_5064 うむ

冬瓜と茄子の煮物 銀餡
IMG_5056 高原野菜のサラダ
IMG_5065 直径40cmの大皿に葉物野菜が大量に盛られている。まぁありっちゃあり。少し野暮ったいしニンニクチップは強烈だし量は多いけど。欲を言えば根菜も少しほしい

和風ドレッシング
IMG_5071
IMG_5076
牛陶板焼き
IMG_5058 最初にローズマリーで香りを出す

IMG_5075
お肉用のトングか菜箸が欲しかった。僕はサラダの取り分け箸を流用したけど食事の箸で生肉を焼くのは、ねぇ
IMG_5077 焼肉のタレ
IMG_5069 お肉を見てもらえれば分かると思うけどひっじょ~に噛みごたえがある。「こりゃジャーキーだ」と食事中に発言して自分で笑ってしまった。でも別に嫌だった訳じゃないよ。夕食にジャーキーはちょっとなぁと思ったけど、僕が食べているのはジャーキーじゃなくて焼き肉だし

食事中に明日のトレッキングに参加するかの確認にスタッフが回ってくる。明日の予定は何もなかったが、今回は見送った。翌日の天気は不安定だし、心構えもなかったし、朝食後のお風呂にも入れなくなるので


鮎塩焼き
IMG_5083 頭の焼き加減は甘い。でも身はちゃんと焼けてた

天ぷら 独活 葛の葉 山ぶどう(の葉) 菱野南蛮
IMG_5084 画像は二人分です

葉っぱの天ぷらってとむこもとmこも葉っぱの味がしないという意見で一致しているので、嬉しい盛り合わせではない。パリパリしていて美味しいんだけど衣と油の味しかしないから、一枚だけ他の天ぷらに添える程度で良いというか…野菜が多くて嬉しいけれどもうちょっとこう、根菜(2度目)とか

葉っぱの天ぷら大量は霧積温泉を思い出す
IMG_5088
IMG_5087
IMG_5089 とmこは菱野南蛮で悶えてました。僕が食べた南蛮は一切辛くなかったんだけど
IMG_5094 御飯と味噌汁は天ぷら配膳時に「一緒が良いか後からで良いか」を聞いてくれます」
IMG_5090 野沢菜が多くて嬉しい

IMG_5093

ご飯はもち米かと思うほどべったべた。ベチャベチャじゃないんだよ、凄い粘り
IMG_5091 箸で米の塊をちぎるようにして食べた。いや、なんというか凄かったな。初めて泊まったから高峰温泉の白米はいつもこうなのか、炊くのを失敗したのか判断できない。

白菜と長ネギの味噌汁
IMG_5092 ごはん・味噌汁はおかわり可

デザートは豆乳プリン
IMG_5102 おしゃれ

セルフでお茶を淹れて
IMG_5096
IMG_5101 1時間で完食。次から次へとやっつけるように食べていった。悪く言えば一品一品を味わう料理ではないし、良く言えば素朴で食べやすい。1泊15,000円の料理と考えるともうひと頑張りしても良いかなぁと思うが、高峰温泉の売りは食ではない(であろう)から美味しくいただきました

アナウンスはなかったが、夜食を見に行く
BlogPaint
夜の星空観察イベントの後に出てくるのだろう(当日はスライド上映)
IMG_5146 ガス暖炉で炙る
IMG_5150
IMG_5155 味噌を塗って
BlogPaint
(僕のTシャツを返して!!)

もう一度
BlogPaint

焦げました
IMG_5164
この夜食用に御飯の粘度を合わせているのだろうか



「秘湯を守る会」会員の写真を撮るとmこ

あぁこの人ね
IMG_5115 この人も、なるほどなるほど
IMG_5131
色々知っているけど、教えてあげないよ

コメント

  1. アバター 十姉妹 より:
    こんばんは。
    待ってました食事のUP!嬉しいです^^ 会場のお写真も凄くキレイで感動です!
    お品は全て和で統一かと思っていたのですが、洋があって居酒屋っぽいメニューなのですね。加仁湯温泉にちょっと似ているな(グラタンが出ました)と思いました。でもやはりお隣の高原ホテルよりずっと惹かれます〜

    今年は残暑が長かったですし10月となった今も気温が高目です。温泉でホカホカになりたい欲求がまだ薄いので、来週は公衆温泉浴場が閉鎖されている「一乃屋」へ行きます。ボロボロの民宿ですが囲炉裏の串と女将の料理が絶品です。食事が凄く美味しいだけに温泉の閉鎖が非常に残念な村ですTT

    台風で不安定なお天気ですので、とむこさんも寒暖差にお気をつけてお過ごし下さいね!
    またお邪魔させて下さい♪
  2. アバター とむこ より:
    >>1
    夕食は素朴な山小屋系かと思います。鍋を食べている宿泊者もいたのでバリエーションはいくつかありそうです。連泊らしき人も多かったので。是非行ってみてください。

    家康の里は奥鬼怒に行く途中、看板を見かけては「またまた適当なことをw」と笑っていたのですが、御神体が見つかった由来のある地なんですね。今度行ってみます
タイトルとURLをコピーしました