湯倉温泉 鶴亀荘2-3@夕食

去年と同じ11月中旬に訪問している。なので料理内容はあまり変わらない。季節ごとにスタンダードメニューがあり、プラスして旬の食材が入れ替わるスタイルの料理なのだろう。やはり季節をずらした方が良かったな、と食後にふと思った。

飛露喜が飾ってあるので「飛露喜が飲める♪」と楽しみにしていた。
が、「飛露喜で良いんですか?」と言われてしまう。う~む、普通飾ってるものがオススメでしょ。少しイジワル
IMG_8396

銘柄についてはあまり載せないほうが良いのかな、市場に出回らない希少な酒を紹介がてら安く提供していると仰っていた。なので、鶴亀荘に泊まれば美味しいお酒が飲めるとだけ言っておくに留める。

ただね、前回もだったんだけど鶴亀荘の食事ってお酒が進まない。食事が美味しすぎるからだろうか?1合半しか飲めなかった。

なので、次回からは食事前にお酒だけを楽しむ時間を作ろうと思いました


18時半を目安に準備できたら呼びます、ってことで40分に声がかかる

前回泊まった部屋での食事(画像は前回のもの)
DSC02881
宿泊者数によって個室だったりロビーだったりするのだろう。本日は2組なので両者個室

初期配膳
IMG_8267
箸の帯のらくがきは止めてしまったのかな?好きだったのに

手書きのメニューは変わらず
IMG_8273BlogPaint

草木を箸置きにするのはオサレ旅館で時々目にするけど、生けてあるのは初めて
IMG_8272

ちゃんと水が入っている
IMG_8325

そういう拘りを見せつつも、烏龍茶のグラスは…
IMG_8295
ってこれは僕じゃないの。そういう事を言う人がいるから書かざるをえないの

食前酒はかりん酒。まったり甘い
IMG_8271
「これは市販品なんだけどね」

くるみ豆腐、なんだけどノーマルバージョンじゃないので女将さんは写真を撮っていた
IMG_8270
去年は四角い如何にも豆腐な形をしていた。

栗・胡桃・銀杏が使われている
IMG_8297
最初の料理がデザートみたいな構成だ

前菜
IMG_8279
一人分。凄いよね

赤カブ寿司
IMG_8289

山椒ゆべし
IMG_8282
ビリビリするゆべし。金山町の郷土料理

もってのほか
IMG_8284
きちんと菊の映像が頭に浮かんでくる味

きぬかつぎ
IMG_8286
紫蘇の実が添えられている

凍みこんにゃく
IMG_8287
凍らせた蒟蒻は味がよく沁みる
とmこ「初めて食べた」
とむこ「以前作ってあげたことがある」

梨チーズ
IMG_8288

なめこ
IMG_8285
原木なめこでトゥルトゥル

ちりめんざんしょう

花豆煮
IMG_8283

しめじ入り卵焼き
IMG_8281

ぶなはりだけ
IMG_8293
この料理を30分かけて味わいたいが、叶わないのが悲しいところ。まだ、先付のくるみ豆腐にも手がついていない。種類の多い前菜って片っ端から食べてしまうものなのだろうか。ちびちび味わいたいがどうしても皿が次の料理の邪魔になる。


前回は女将さんが全て配膳していたが、今回ご主人も交代で配膳していた。女将さんに比べるとアッサリした説明になってしまうが、ご主人のなんとも言えない優しい雰囲気もとても良い。去年クドいくらい説明を受けているので足りない説明は僕からとmこさんにしてあげた。


小鉢 柿とりんごのじゅうねんあえ
IMG_8299
きゅうりも入っている。じゅうねん=えごま
IMG_8300
鶴亀荘って果物をよく使う

揚げ物 里芋まんじゅう
IMG_8301
椀を開けた時、出汁・葱・七味の香りが同時に上がってきて暖かい蕎麦が頭に浮かんだ
IMG_8303
柔いまんじゅうにくるみが入っている
IMG_8305

焼き物 子持ち鮎塩焼き
IMG_8306
芸術作品

泳いでるみたいでしょ
IMG_8309
敷紙のもみじとガラスのお皿を一緒に見ると、川面の鮎が見事に再現されている

ご主人「ヒレを取って食べて下さい。頭とエラが硬いから残して下さい」
とむこ「しっぽから食べな」
とmこ「なんで」
とむこ「卵がこぼれにくいんだって」

う~ん、でっぷり
IMG_8313

80%卵が占めている
IMG_8316
エラの直前までぎっちり詰まっている。内臓はどこ行った
IMG_8318
エラも頭もパリパリで美味しかった。かぼすの出番がなかった。子持ち鮎は大きすぎるのと重すぎるのとで箸で持ち上げるのは大変だと思う。手づかみが一番食べやすい

蒸し物 松茸入り茶碗蒸し
IMG_8321
IMG_8323
松茸はスライスじゃなくて四つ割りで重厚感があった。具は海老・鶏肉etc

洋皿 会津産りんごを麗山高原豚(はやまこうげんとん)で巻いてリンゴソースで
IMG_8326
と、
お食事 むかごご飯
吸い物 舞茸
香の物 きゅうり・たまり漬け・カブ

着席してから食事が出てくるまで45分。去年はご飯まで1時間15分だったので今回は優雅さに欠けた。そしてここから箸が進まなくなり30分かけてこれを食す。配膳に合わせて食事をしたので詰め込みすぎたようだ。
料理は三水館に匹敵するのに、こういう提供のブレで楽しさが減ってしまうのが少し勿体無い。料理は美味しければ美味しいほど、ゆっくりゆったり味わいたい。

業務連絡>ちょっと、断面の写真がなかったわよ
IMG_8330
りんごの甘味と豚肉の脂の甘さが非常に合います。美味、としか表現できない。ほうれん草・ブロッコリー・柿が添えられている

むかごはムニムニしている。
3回位「おかわりどうですか?」と聞かれたが、1杯食べきるのもやっとだった。

お吸い物の豆腐も大きくてどっしりした味で美味いが苦しい!
IMG_8334
IMG_8333


水菓子 柿のチーズケーキ 梨のコンポート(とシャインマスカット)
IMG_8340
IMG_8343

コンポートは生に近い食感が残っている。シャリシャリ
IMG_8344

やっと食べ切れた
IMG_8345
2合目のお酒は半分以上残ってしまい、部屋に持ち帰る
布団は最高に寝心地が良い。館内禁煙だから、寝具の匂いも気にならない
IMG_8346
寝酒にしようと思っていたが、胃が落ち着くのを待っているうちに寝落ちしてしまった
IMG_8350



コメント

タイトルとURLをコピーしました