スポンサーリンク

湯倉温泉 鶴亀荘2-2@風呂 共同浴場

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一年待った待望のお風呂

旧源泉の直ぐ側で新しく掘削して湯倉温泉は復活した

風呂は玄関入ってすぐ左手
IMG_8227
扉の奥に2階へ行く階段があるので、部屋と風呂の往復は楽

格子の扉のすぐ右手にトイレがある
IMG_8202
ここもリフォーム済み
IMG_8203

男湯
IMG_8199

浴室関連だけは昭和の雰囲気がプンプンする
IMG_8192
それが駄目ってわけじゃない。逆にこのまま変えないで欲しい。タイルが美しい
IMG_8194

洗面所の紙コップ、すごく便利だった。湯船に持ち込んで加水用の水(これも湧水のはず)をガブガブ飲むのに使った
IMG_8195

浴室扉のガラスの模様も実家にあった物と一緒だ。懐かしい
IMG_8193

鉄鉄したお湯。玉梨温泉や大塩温泉と同じ。
IMG_8183
完全放流式かけ流し

浴室内にもカメムシはいて、カメムシ臭が充満しているときもあった。でもほら、パクチー臭とかコリアンダー臭とか言い換えればエキゾチックでおしゃれに感じるでしょ

湯口から出てくるお湯は透明IMG_8191
空気に触れて茶色くなる

源泉は58.6℃
IMG_8188

温度を測ってみたが、特に一定温度に保つ仕組みはないので都度加水して調節する。
IMG_8187
炭酸ガスを豊富に含むので、非常に独特な浴感。スパ銭にある電気風呂に入ったようなビリビリした刺激を感じる。かじかんだ手がお湯に触れた瞬間、温かさよりも痛みを感じるあの感覚。

旧源泉 含石膏-食塩温泉
新源泉 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

どちらにしても、塩が含まれているから保温性もある。炭酸ガスで血管は拡張し、塩で保温され、心臓がバクバクする。泡付きはないのにとても強いお湯。加水して湯温を下げても、強さに変化がない。

源泉はやや出汁っぽい味にほんのり鉄が交じる。飲泉可ではないだろうけど、旨い


露天風呂はリフォーム中
IMG_8185
5月くらいに作り直してるって情報を見たから、もう出来てるだろうって思っていたら出来てなかった。

湯船は完成してる
P_20181114_064013_vHDR_On
ご夫婦で運営されてるから、手作りだから、仕方ないのさ。
P_20181114_064025_vHDR_On
また宿題が残ってしまった

洗い場は湯船に近い場所に2ヶ所
IMG_8190
IMG_8189

男湯や共同風呂の窓はすりガラスじゃないから対岸の警備員の姿はある程度視認できる。もしかしたら運転中の人からこっちが見えてるんじゃないかと鶴亀荘の前を運転する時に確認してみたが、車の流れが早くて少なくとも運転手はよそ見をしながら浴室の窓を凝視することは出来なかった。建物を確認できる程度。

女湯
IMG_8201
IMG_8206
男湯に比べると全体的に小ぶり
jp/timoko/imgs/1/a/1a76f8e8.jpg”>IMG_8208
今回は男女入れ替えの話はなかった
IMG_8207
IMG_8209
湯船はそれなりに大きい
IMG_8210IMG_8215

IMG_8213
露天なし。
IMG_8214
他の宿泊者は18時着なので、それまで男湯を二人で使って下さいと言われた。先程の窓ガラス問題があったのでとmこさんは利用しなかったが


共同浴場は、同じ源泉だから別にいっかなくても良いんだけど、野次馬根性で見学に行く
IMG_8397
歩いて2分

絵が怖えぇ
IMG_8405
歌でも歌いながら歩くかね
IMG_8406

旧源泉の奥にあるのが新源泉
IMG_8408

コンパクト
P_20181114_064133_vHDR_On

これが
DSC03024
こうなった
P_20181114_064251_vHDR_On
7時から利用開始、となっているが6時過ぎに覗いたら鍵は掛かっていない。7時に管理者が現れるかと思ったが誰も来なかったので勝手に入る。

共同浴場って朝イチから地元のジジイたちがたむろっているイメージがあったが、朝は人の出入りはあまりない。どちらかというと夕方16時から18時がピークのようだった。


館内は広々
P_20181114_070028_vHDR_On
P_20181114_070042_vHDR_On
P_20181114_070100_vHDR_On
P_20181114_070111_vHDR_On
P_20181114_070114_vHDR_On

鶴亀荘とお湯の色が違う
P_20181114_070122_vHDR_On
まるで別のお湯のようだ

窓が大きくて開放感がある
P_20181114_070124_vHDR_On

洗い場
P_20181114_070127_vHDR_On

木の栓で源泉が堰き止められていて
P_20181114_070533_vHDR_On
外すと58℃の源泉が溢れ出てくる
P_20181114_070525_vHDR_On

非常に強い泡付き(見に行くだけのはずが入っている)
/f6cceb3e.jpg”>P_20181114_070826_vHDR_On
夜間放置されていた湯船は38度弱まで冷めていたが、源泉を投入すると1分に1℃ずつ湯船の温度が上がっていく。湯口付近は危なくて近寄れない。だから、この泡付きを全身で味わうのは多分誰もできない。

湯口を止めて帰るよう大きな表示がある。
P_20181114_071110_vHDR_On

やたらでかいしゃもじ
P_20181114_071118_vHDR_On

女湯
IMG_8411

P_20181114_070158_vHDR_On

女湯もやはり薄い緑色で鉄泉らしさは弱い
IMG_8413
IMG_8414

捨て湯がすごいことになっている。汲み上げてるなら勿体無い
IMG_8415
共同浴場から帰ると女将さんが「共同浴場に行かれました?」と声をかけてくれたので「お湯の色が違うんですね」と気軽に感想を言う。「どんな色?」「薄い緑色」というと、なぜか女将さんの顔が曇る。

「それが本来の湯倉温泉の色だ。なぜうちは茶色なんだ」とご主人を呼びつける(女将さんは結構気が強い人なんだろな、というのが垣間見える瞬間である)

ご主人に依ると考えられる理由は2つ

1炭酸ガスの抜き方が異なる。共同浴場は源泉枡に一度お湯を貯めて充分抜気を行っている。
2浴室のスケールが溶け出している(と業者が言っていた)

浴室のスケールが溶けてもあんなまっ茶色にはならないだろう。旧源泉はエアリフトの揚湯だったけど新源泉はポンプで直接汲み上げているので、揚湯後に空気を当てたほうが酸化鉄の生成が阻害される成分構成になってるのかもしれない。

わかんないけど、「浴感は一緒ですよ~」とか言ってお茶を濁したけど



コメント

  1. アバター minimal1991 より:
    こんにちは。
    やっぱり今年はカメムシ多いんですね。
    私も山の中のお宿で遭遇しています。
    白馬ではお部屋で何回も会いました(笑)
  2. アバター とむこ より:
    こんにちは

    山の宿に行けば見ないことの事の方が少ないけど
    今年はやけに多いなぁ、って感じます。

    長静館、先を越されてしまった。長静館は火曜日の
    競争率がすごく高くて火曜に宿泊する身には厳しいです
    それにしても料理美味そうですね
タイトルとURLをコピーしました