湯宿温泉 ゆじゅく金田屋5@夕食

18時と6時に「ピーンポーンパーンポーン(のような)」音がなる。これは館内放送なのか町内放送なのか区別がつかなかったが部屋にいても爆音だった。回廊の天井から音が出ている

チェックイン時にどの食事処か案内を受けているので、自分で向かう

湯宿温泉はどこに泊まろうか悩んだが、料理に惹かれて金田屋を選んだ

【初秋の味覚】地野菜50種使用奥上州の里おごっつお料理プラン
で予約したがブログを書きながら確認したらHP上では
【初秋の味覚】地野菜40種使用奥上州の里おごっつお料理プラン
になっておりました。

じゃあ、我々の時はどうだったのか?さてさて

広間が3つあって一部屋を3組で使うBlogPaint
衝立はない。会話が聞こえるより目があうのが嫌だ
でもずっと伏し目はもっと嫌だ

初期配膳
IMG_7830
いかにも地元のおばちゃんが頑張って配膳してくれる。背後でご主人の厳しい目が光る

前菜であり、花形でもある大皿
IMG_7833
良い絵だ

IMG_7838
かぼちゃ・茄子・ブロッコリー・蕪・パプリカ・トマト・大根・椎茸・レタス・味噌漬け鶏肉

胡麻だれと
IMG_7841
ポン酢で頂くが
IMG_7843
ほとんど出番がなかった。味付けは必要でもない

冷酒 870円
DSC02680
ウーロン茶 170円
IMG_7847
毎度のことだが、ペットボトルにしてほしい

お酒のチェイサー代わりに「お水をたくさん下さい」と頼んだらポットで出してもらえた
旅館によっては大きめのグラスだけだったりしますが、ちゃんと意図を汲んでくれて嬉しい
ポットは部屋まで持って帰って良いとのことで2度嬉しい(夕食後に補充してくれる)

IMG_7834
しめじ・菊・ほうれん草・胡麻

白和え
IMG_7835
豆腐・ほうれん草・しめじ

蒟蒻
IMG_7836
すぐそばの道の駅で売っている蒟蒻を使用。噛みごたえが良い

花オクラ
IMG_7837
花オクラ、ブームですね(知らないふりして説明を聞くがw)

刺身
IMG_7840
鱧用に梅の叩いたものが添えられています
はも・秋鮭・刺身蒟蒻・紫蘇・梅・大根・レモン

煮物
“http://livedoor.blogimg.jp/timoko/imgs/2/a/2a908583.jpg” title=”IMG_7844″ target=”_blank”>IMG_7844
いんげん・大根・里芋・人参・椎茸・鶏肉

空也蒸し
IMG_7849
IMG_7850IMG_7872
豆腐が入った茶碗蒸し

きのこたっぷり鍋
IMG_7875
きくらげ・しめじ・なめこ・まいたけ・えのき・タモギ茸・水菜・豚肉

群馬だから?仕方ないのかもしれないけど、塩分が濃いです
「しょっぱ!!」と声が出ちゃう。きのこの旨味が出た汁が飲めずちょっと残念

鮎は演出されている
IMG_7863

お皿が別に出てくるので、自分で載せる
IMG_7867
川魚は頭がパリパリに焼けていると嬉しいな。食べない人には関係ないけど
IMG_7869
えりんぎ・しょうが(はじかみ)

漬物
IMG_7876
なす・はやとうり・しば漬け(きゅうり)

酵素玄米
IMG_7881
オプション540円/人。炊いた玄米を3日間保温し続けたもの
小豆と一緒に炊いているので見た目の通り赤飯のような雰囲気と味
もちもちしていて甘みも感じる。お勧め。ごま塩が欲しくなる

白米も出してもらえますが、我々は辞退

ブルーベリーヨーグルト
IMG_7884
ブルーベリー・ミント
ブルーベリーは自家製

18時開始で18時50分にはデザートが出てきてしまうから、ペースは速い
夕食時間は1時間で終了するよう設定されてるのかな
ボリュームがあるからもう30分はゆとりを持ってもらえると嬉しい
勝手にゆっくり食べればよいかというと、そういう訳にはいかないもの


部屋に戻るも布団は敷かれていない。珍しいねと寛いでいると、おばあちゃん2人組が現れる
良く喋るボケ担当と少し奥ゆかしいツッコミ担当のおばあちゃん
見た目からして気の良い人達だとわかる

布団を敷く場所を作るためにテーブルを隅に移動させると
「手伝ってもらって、値引きしてやりてぇけどわしゃ経営者じゃないからよぉ」
なんて言いながらワイワイと布団を敷いてくれる。心地よい時間が流れる
IMG_7890

普段なら寝てしまうが、外に行こう!




コメント

タイトルとURLをコピーしました