スポンサーリンク

奥塩原温泉 湯荘白樺4@風呂

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一息ついてから目的の風呂へ重い腰を上げる
この時点では運転の疲れと初施設での緊張で、後悔の気持ちを引きずっていた

3階の風呂まで階段を上がる
IMG_3744
IMG_3798
IMG_3806

館内禁煙の旅館が増える中、くわえタバコの注意書きを見る事になるとは
IMG_3799
しかも翌日、そのくわえタバコを目撃することになる
IMG_3800


温泉成分を存分に含んだ湯気が充満する、浴室
IMG_3805
造成泉を毛嫌いする人もいるだろうが、このお湯は極上である
温泉が蒸気となって吹き上がる時に、地下の色々な物たちを身に纏ってくるのか
単純な硫黄泉では表現できない複雑な匂いがした
IMG_3802

夜遅くとあって湯船は貸切で、自分の為にこの湯船が用意されていたような気がして
ここで初めて心から「来てよかった」と思えた

疲れや安堵、心地良さがごちゃまぜになった溜め息が何度も口から漏れる

IMG_3748


IMG_3749
IMG_3750
IMG_3751

浴室内バスマットをとmこさんは気に入らない。私は苦情受付係ではないが
出てしまったツノを、折るか削るか何らかの対処をする義務があるのだろう
DSCN9634


IMG_3761

源泉が高温なので、木の栓から漏れるような形でお湯が投入されている
IMG_3757

湯船が静かだと、この湯量でも表層の湯温が高くなり、湯もみしながらお湯を馴染ませないと
ただでさえ酸性度の高いお湯が、更に皮膚をチリチリさせるように感じる

DSCN9635

IMG_3762

IMG_3760
IMG_3759IMG_3764
IMG_3769
泥の粒子は細かい
IMG_3772
だけではなくて、肌に塗るとザラザラする
IMG_3773
IMG_3774
3分経ったら、シャワーで流す
女性はみんな湯どろで遊ぶから、流しきれない湯どろで床がジャリジャリして
バスマットが敷いてある、なんて想像をしたり伝えたり


露天風呂、脱衣所は男女別
IMG_3727

<
br />IMG_3738
床はところどころ氷が張っていて危なっかしい
IMG_3728

女性用更衣室もあるにはあるが、隙間が多く丸見えで
頑張って隅で脱ぐか水着着用で挑まないと大変厳しい境遇にある
DSCN9642
必ず入らなくてはいけない、と言うほどの環境でもない。内湯だけでも事足りる
DSCN9640
真ん中の仕切りは、うまく活用されているのだろうか?
DSCN9641

DSCN9647
ワニは既に巣に帰ったようだ
IMG_3737
IMG_3735

晴れている夜空に雪が舞う。寒い空気に少し熱いお湯が心地よい
DSCN9648




コメント

タイトルとURLをコピーしました