貝掛温泉6@夕食

夕食は、呼び出しはないので時間になったら食事処へ

入り口ではイワナが焼かれています
IMG_2835

自分への反省も踏まえて
お酒をつまみに食事される方はできるだけ早い開始時間を選ばれると良いかと思います。

初期配膳
IMG_2836
おしながきも一人一枚
IMG_2862
日本酒は上善如水・八海山・緑川・鶴齢・久保田。
厳選の上でのラインナップなんでしょうが・・・ちと面白く無い
通ぶるつもりはないんですけどね。地方でしか消費されてない銘柄も欲しい所です

食事前におねえさんから挨拶を頂きます
「本日は貝掛温泉にお泊り頂きありがとうございます。」的な丁寧な挨拶
悪い気はしません。ニコニコしちゃいます

最初に前菜・先附・酢の物・煮物・香物
着席後に椀物・鍋物・刺し身
時間を置いて焼物、揚げ物、食事、果物と供されます

おしながき順に

前菜 きぬかつぎ・山桃・紫貝・穴子八幡巻・からいすけ
IMG_2845
前菜から肴系が入ってきます。からいすけはよそに避難してチビチビ

先附その一 ずんだ和え
IMG_2840
ふんふん

先付その2 夏野菜のジュレ
IMG_2842
少しざらつきのある煮凝りとつるりとした蓴菜。ざらつきは蓮根のでんぷん質に似ている

椀物 貝掛名物 薬膳玄米粥
IMG_2869IMG_2861

着席と同時に着火されて、暖められます
IMG_2870

胡麻をスリスリして
IMG_2853


胡麻たっぷりの薬膳粥が完成
IMG_2871
優しくてクセのない粥。玄米の取っ付きにくさはありません

刺身 紅鱒
IMG_2843
要はベニザケです。アスタキサンチンが目に効く?

鍋物  陶板焼き 粟麸 海老 鶏 帆立 ズッキーニ しめじ
IMG_2858
IMG_2859
着座と同時に供されます。アツアツですが、手が回らず放置気味で後から頂きます。
海の物山の物具だくさん。

IMG_2837

煮物 冷やし煮物 冬瓜 蛸 なす オクラ
IMG_2852
これは最初に並んでいました。

焼物 岩魚の塩焼き
IMG_2866
焼きたてを供されます。小ぶりで頭からバリバリ。香ばしくてフワフワ

揚物 籠盛り(素麺籠) 海老真薯 真菰 湯葉
IMG_2875
重い。海老真薯を肉団子と思った時点で舌は死んだ。でも、籠盛りは素敵

酢物 氷頭なます
IMG_2838
これも最初に並んでいます。クセもなくてコリコリ

食事 南魚沼塩沢産コシヒカリ 
IMG_2882
IMG_2883
米には相当こだわりが
あるようです。日本一の産地ですからね
とはいえ今は色んな品種改良のおかげであまりアドバンテージを感じませんでした
お米は個人の好みが大きいのでごめんね


味噌汁 石蓴(アオサ) 信州凍り豆腐
IMG_2880

香物 お新香二種
IMG_2851
奈良漬に近い漬物。日本酒と関係有るのかな。最初からあるのでつまみに最適

果実 梨 ぶどう
IMG_2885

鶴齢 生酒
IMG_2874

18時半が食事の最後グループになるのでしょう。
入れ替え制ではないので、当然17時半開始の方たちから食べ終えるのですが
ぽつりぽつりと席が空くに連れて気持ちが焦ります

同じ時間の人もご飯を辞退して帰ってしまったので、最後の一組に
すいませんすいません

大急ぎで詰め込んで、時計を見てみると1時間15分しか経っていませんでした。
これは宿への恨み節ではありません。自分たちの遅飯が原因なので
(宿の方たちから「ごゆっくり」と声をかけて頂きました)
ただ、相当のボリュームなので許されれば2時間位かけて味わいたかったです。

あと、埼玉県民としてはBGMが琴で「とんでん」に居るようで超超個人的にマイナスポイント
時代遅れの和風レストランみたい

敷ふとんは2枚で寝心地良かったです
IMG_2888





コメント

タイトルとURLをコピーしました