鹿教湯温泉 こくや旅館2@部屋

きじ

IMG_0498

IMG_0499 階段直ぐ側の部屋
IMG_0502
踏込の右手にクローゼット
IMG_0495
8畳間に広縁
IMG_0512

壁に茶器類と手ぬぐい・歯ブラシ
IMG_0508
IMG_0509
IMG_0511
電気ポット
IMG_0519
こまめに設備に手を入れる旅館とそうでない旅館があって、こくや旅館は後者。

畳が傷んでいたり、鼻がムズムズしたりするけど障子は綺麗だし、不潔さはない。

古くて静かで時代から取り残された空間
IMG_0507 郷愁や、寂しさ、色々な感情が湧く
IMG_0518
IMG_0520
浴室の真上にある客室なので風呂からの眺めと一緒だった
IMG_0521 携帯の基地局が建っていたり、住宅も見えるがいかにも現代版里山という風景
IMG_0522 ただの野山ではなく、ポツポツと建っている住宅から漏れる光や10分に1台通る細い道路は寂しい物好きな自分には大好物。建物の脇を流れる川の音を聞きながら景色を眺める時間が長かった
IMG_0514
IMG_0516
IMG_0517 炬燵が始めから端に寄せられていて8畳間に広い空間が空いている。お膳出しの食事を並べたり、布団を敷く場所になるのだが、まだ使われていない空間と部屋の隅っこの炬燵の組み合わせがなんとも珍妙

コメント

タイトルとURLをコピーしました