裏磐梯大府平温泉 HOTELLI aalto 3@沼

風呂を見た後は、沼へ行く。それから風呂でさっぱりしよう IMG_9280 案内図の「marsh」は「沼地・湿地」という意味(別に日本語でも良いんじゃないか)

marsh2周囲に新棟を増築したので行けるのはmarsh1だけになっていた。源泉小屋への道も無かったように思う

説明を受けた熊鈴と虫よけスプレー
IMG_9226
杖の先に熊鈴が取り付けられている
IMG_9265 「ふんふん、自然が豊かな演出だよね。うまいね」なんて小馬鹿にして持っていかなかった

この後、熊鈴が本当に必要な土地なんだと痛感する。みなさんは穿った態度を取らずに素直に持っていきましょう

中庭に出る
DSC05288

やはり工事のトラックが目立つな。ザ・日本の風景
IMG_9225 風鈴は勢いよく鳴っている。ギャリンギャリンDSC05289
DSC05290

気を取り直してハンモックに乗ってみよう
IMG_9227 トラックがwww
BlogPaint
沼入り口
DSC05303 とmこさんはトラックが入らないように写真を撮る
IMG_9230 とむこはこういう美味しい時は、絶対にトラックをインさせるDSC05307
「HOTELLI aaltoに馴染むJapanin raita展」なんて書けば数人はオブジェに見えてしまうはずだ

本題に戻る
IMG_9231
ジメジメムシムシ
IMG_9232
IMG_9233 分岐を右に折れてみた。特に案内板はない
IMG_9234 パッと見「きったねぇ大きな水たまり」
IMG_9236 だって湖面が汚いでしょ。お世辞でも綺麗とは言えないよ
IMG_9238 二人して無言で歩く。たいして面白くない景色を早く消化しようと急ぐ
とむこ「植物を適当にアップで撮っておけば充実してるふりできるって」
IMG_9240
IMG_9244 真面目に撮らないのでピントを合わせる気もないDSC05316

湿地。ドロドロしている
IMG_9245 虫も多い。虫除けスプレーしてくればよかった
IMG_9247 半周
IMG_9248 あ~もう帰りたい
IMG_9249
IMG_9253 急にテラスみたいな場所に出るDSC05330 分岐を右に行かず左に行けばすぐこの場所に出た

ちょっと綺麗だ
DSC05331


きれいな写真を主に使っているけど、湖底にホースが見えたりもします
IMG_9255 透明=綺麗ってわけでもないんだけどね。神秘的ではある
IMG_9256
でも灰汁みたいなのがどうしても邪魔。訪れる季節によって感想は変わるだろう
IMG_9259
新しい別棟が目に入る。工事中のおじさんも目に入る
IMG_9263



熊鈴?それは夕飯の時の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました