岩室温泉 著莪の里ゆめや5@夕食1

夕食は部屋食か食事処の好きな方でということだった。まだベッドルームの存在に気付いてなかったので食事処をお願いした。散らかした部屋を片付けるのメンドーだしと(でも食事中にターンダウンされたのでバッチリ見られたよ!)

料理はプラン選択によって様々だけど「基本の1汁7菜」が10000円となっている(ちなみに朝食は4000円)。ネット予約時に追加注文の画面が出てきたので喉黒の塩焼き3450円を追加でお願いした。

地域柄仕方ないが日本酒が見事に辛口揃い。しかも大吟醸が半数以上を占め「大吟醸呑みな!」という潔さはさすが高級宿。辛口も大吟醸も好きくないのでちょっと難儀した


帳場の隣の「のわき」(帳場「の脇」じゃないよ)
IMG_3507

秘密の部屋みたいなHPに載っていない場所
IMG_3506
ここから竹林越しに小正月の飾りを眺めることができる

飲み物は一揃い
IMG_3422

梅酒。日本酒ベースと焼酎ベースがあって後者のほうが甘いとのこと
IMG_3443

北雪 純米酒
DSC03625
(恐らく)銅製の容器で熱伝導率が良いからキリッキリに冷えている。その上、切れの良い酒だから飲んだ瞬間口から居なくなる

お品書き。無学なので読めない
IMG_3426
読めないが、解読する。方法は過去の献立を全て読む(HPに載ってる)。3年分献立を読んだら使用食材の傾向が見えてきて楽しかった(自分の殴り書きと達筆に共通点があったのも幸いしたw)

実をいうと調べすぎて他の人のブログのお品書きもすぐ読めるまでに成長した


初期配膳
IMG_3424


食前酒は宝山酒造の弥彦山だったように思うIMG_3442


膳彩(=前菜)

うるいと西貝の土佐酢掛け DSC03628
西貝は時々メニューに登場してる。関東ではまず見ない。巻貝なのに純白なのね

鰯幽庵焼きと
IMG_3428
福豆
IMG_3432
新春だから飾りが紅白なんだ、なんて話してましたが福豆だから節分か。


牛肉と牛蒡のゼリー寄せ 鰻だし巻き玉子 いかこのわた和え赤蕪巻き DSC03633

ちっさい蕪と蕪巻きを除けると
DSC03638
こんな感じで4つの料理が収まっている

鰹と昆布巻はメニューに載ってないので前菜は8種類もあった

からすみ大根は鰹からの変更品
IMG_3449
美しい
IMG_3450


酢物 ずわいがに
IMG_3436
味噌もあるよ
DSC03643
カニ酢
IMG_3440
蟹はねぇ、ふんふんて感じ。もちろん美味しんだけど甲殻類の中では優先順位低いの

鍋 鮟鱇粕仕立
IMG_3462

粕が嫌いな人でも受け入れられる優しい風味
IMG_3464

鮟鱇もいっぱい入ってる

「ここ食べられないよ」「一番美味いところでしょ」
IMG_3478
ぶよぶよ系が嫌いな人はだめみたい。でも苦手食材で「ぶよぶよしたもの」って伝えにくいね

鍋で使うレンゲが良いでしょ
IMG_3465

お造里 海老・真鯛・アラ・エゴだったかな
DSC03639
日本海側はやはり海の幸が別格
DSC03641
海老の味噌がとっても甘かった

生魚不使用版
IMG_3455IMG_3457IMG_3459
分けましょうか



コメント

タイトルとURLをコピーしました