スポンサーリンク

新木鉱泉3@夕食

スポンサーリンク
スポンサーリンク
三水館と同じく、この宿でも夕方頃いい出汁の香りが館内に漂い始めます。
料理についてはあまり期待はしていなかったので、意外であり期待が高まりました。

きちんと個室が割り当てられています。一般客室用に固まって個室が配置されているようでした。
ただ、客室露天風呂付きの部屋への配膳が相当慌ただしく、外から聞こえてくるやり取りは
とても大変そうでありました。


「ふじ」という部屋で
IMG_3458

初期配膳
IMG_3431
食前酒
IMG_3441
前菜から海のものが出てきますが、秩父らしさ全開でやって欲しい気もします。
IMG_3435
小付 胡麻豆腐 
IMG_3436
お刺身だって、定番すぎるよね
IMG_3432
とってもスレンダーな焼き魚
IMG_3433
焼き椎茸wと栗
IMG_3430
一口上州牛
IMG_3444
固形燃料で
IMG_3450


これは肉用か天ぷら用か・・・おそらく天ぷら
IMG_3447
野菜を炊いたもの
IMG_3443
昔からの定番料理であろう、小玉ねぎのクリーム煮
IMG_3448
天ぷらは2人分を取り分けて
IMG_3449
凌ぎの小うどん
IMG_3451
IMG_3452
沢煮椀?
IMG_3453
IMG_3454
やや時代遅れ気味な、定番メニューではあります。
でも、比較的高齢の方が泊まられている印象があるので、これで良いんだと思います。
美味しかったですし、不足はない。

デザート
IMG_3460
若女将に部屋まで持ってきて頂きました。
多分我々がデザートの存在を忘れて勝手に帰ってしまったんだと思います。
感謝






埼玉県 新木鉱泉
スポンサーリンク
シェアする
とむこをフォローする
スポンサーリンク
とむこの悪口帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました