スポンサーリンク

裏磐梯大府平温泉 HOTELLI aalto 2@風呂

スポンサーリンク
スポンサーリンク
部屋に案内してもらった直後、他のお客がチェックインする前に風呂へ行く
いつもは一目散に「風呂へ入り」に行くのに今回は「風呂の写真を撮り」に行く。写真を撮った後は沼を見に行かなければならない。やるべき事を終わらせてからゆっくり風呂に入ろう。なんだか一つも寛いでいない。
まぁみなさんも早く新しい建物を見たいでしょうから、風呂からやっつけるね
本館の大浴場が工事中なので、増築された新別棟の浴室及び新別棟の貸切風呂を男女別で使うことになる(2019年6月3日~6月28日まで)
IMG_9307
別棟風呂と客室風呂を男女に分けるという、かなり変則的な使い方。当日は宿泊客が4組だったから混むこともなく、優雅に利用できたが週末の満室時は不満が出るだろうなぁ。だって、客室風呂は部屋の鍵を掛けて時間制限無しで入れるから極端な話、誰が入ってもわからないんだよね。当たり前に有り難く使わせてもらったお風呂も宿泊数によっては満足度はかなり違うはず。
あとさ、多分7月11日に「私が初めての宿泊客!」って一番乗りで宿泊を楽しみにしてる人もいるでしょ。僕らはフライング側だから良いけどさ…何となくゴメンね。先に謝っとくよ

そんなわけで風呂というより102・103・104・105号室全てを仔細に眺めることが出来た。

本館大浴場前の飲み物「湯上がりドリンク」15:00~22:00、翌7:00~12:00
IMG_9277

宿泊客が少なかったand皆さん常識人だったので、奪い合いもなく殆ど減らなかった
IMG_9278
夜には氷が溶けて清涼感がないでろ~んとした水桶になっていた。風呂上がりにアイスも食べたいな

右の通路をいくと

別棟入り口
IMG_9180

左に折れて、ドアが沢山
IMG_9179
IMG_9178

廊下の途中に新レストラン棟に行く廊下もあった
IMG_9177

突き当りに共有スペース1
IMG_9150

暖炉あり
IMG_9151
隣に大浴場?貸切風呂?
IMG_9153

当日は
15:00~24:00 女湯
翌6:00~12:00 男湯

入って洗面所2基
IMG_9154
IMG_9155

籠は6つ置ける
IMG_9156
IMG_9158
IMG_9159
湧出量は85L/分
IMG_9160
では
IMG_9162
ドアを開けてすぐ左手に上がり湯orかけ湯
IMG_9164
洗い場は2つ
IMG_9163
別棟のシャワーはどこを使っても首がもげそうになる強さIMG_9166IMG_9167

稼働二日目。ほぼ新品
DSC05262

窓際に3人、L字部分は2人が寝湯することが出来る
IMG_9165

完全放流式かけ流し。加水・加温なし。投入量は10L/分程度。

沼ビュー
IMG_9169

虫よけの網戸が格子になっている。目隠しでもありデザインでもありって感じ。動かして取っ払うことも出来る
IMG_9170

沼には灰汁のようなものが浮いていて、綺麗ってほどのものでもないDSC05256

運良く風が灰汁を押しやってくれると、ちょっと綺麗になる
DSC05372

水の透明度は高い。色も綺麗。だけど全体で見るとやっぱり「沼」
DSC05375

左手は105号室が見える
DSC05367

右手は新レストラン棟が覗ける。外構は工事中かな?
DSC05366

銅張りだが、すでに緑青が生じ始めている
DSC05370

40℃前後
IMG_9275

ぬるい場所だと39℃位。長湯向き

綺麗じゃない、と言いつつ沼を眺めていると全然飽きない。

水の透明度が高いので、アメンボが作った水面の波紋がそのまま沼底に映る。2重になった波紋はとても不思議な複雑さを持つ。そうやってアメンボを追っていると、沼底から気泡がポコポコと湧き出てくるのに気付く。気泡の出る場所・出る量はランダムで多かったり少なかったり消えてしまったりの変化が楽しい。真鴨の親子が遠くで何かをしている。沼には魚はいないようだが食料が何かあるのだろうか?標高が高いから雲の変化も目まぐるしい。

自然が作る変化は微細ですごく複雑で、テレビを見るより楽しい

貸切風呂を出る

浴場と並んで102号室
DSC05235

入りますよ
DSC05217

がら~んと広い
DSC05218

沼ビュー。眺望は一番良い

カバディくらいはできるんじゃない?
DSC05220
とてつもなく広いのだが、その広さがかえって落ち着かない。貧乏人の感想だ※公式HPではソファが設置されるようです
ベッドの配置
DSC05224

窓際にテーブル
DSC05221
テレビの位置はどうだろう?おじいちゃんから不満が出るかも
DSC05223

ハイソなんだからテレビなんて置かなければよいのに

鏡に映らないように体を捻りつつ写真を撮るよ
DSC05226

増築された別館は105号室以外、水屋と洗面所が並んで設置されている。そういう面では本館の202の方がゆったり空間を使っている気がした

風呂
DSC05228
一人でゆったり。二人だとちと狭い
DSC05230

沼ビューで眺望は一番良い

目隠し網戸は動かせるのかな?確認しなかったけど、はめ殺しってことはないよな
DSC05232
客室風呂は投入量2L/分位。温度は42℃で長湯には向かない。とmこさんは「あちぃ」とあまり好みではなさそうでした。貸切風呂の温度・眺望に触れてしまうと客室風呂の評価が下がるのは仕方ない。僕は宿泊当日の客室風呂にとても満足していたんだけど、翌日の男湯に変わった大浴場に入ったときに「あぁ、こっちの方が全然良い」と思ってしまった。
ピカピカの新品なので建築物の匂いが強くて温泉の匂いは殆ど感じ取れなかった。両手で鼻を覆って湯船に近づければ、ちょい焦げ臭い硫化水素臭がするのだけど、それでも科学的な匂いが交じるんだよね。お湯を楽しむには少し時間を置いたほうが良いかもしれない。
「湯上がりはすべすべ」ととmこは喜んでいたが、それって「shu uemura」のおかげじゃないの?
廊下に戻って

突き当りのドアの先はヤニ場
DSC05237
DSC05238

きちんとヤニ場を作っても、みんな部屋のテラスで吸うんじゃないかな

右に90℃曲がると左手に手前から103と104。正面に105
DSC05243
右手の共有スペース2
DSC05244
DSC05247

美しいね。絵画みたい
DSC05246

ちょこちょこと「冬はどんな画を見せてくれるのだろう」と頭が問いかける。そんなお金はないよ、煩いよ

103から
DSC05194
スリッパも本館より高級

IMG_9520

部屋に入らずアングルを変える
DSC05196
DSC05198
緑は美しいけど、山裾ビューなので眺望は…
DSC05199DSC05202

二人でテレビ見るの疲れそうだ
DSC05200

テーブルは仕切られた空間に置いてあるDSC05201

部屋の窓際から
DSC05204

 
間接照明でおしゃれ

DSC05206
DSC05207
ここも水屋と洗面台が一緒
DSC05208
DSC05209

山裾ビュー
DSC05210

下を覗けば小川?があるよ
DSC05212

104
DSC05166
DSC05168

唯一、畳がある部屋
DSC05170DSC05175

「ベッドは使用しないで下さい」掲示
DSC05171
DSC05176

紅葉の時期なら綺麗かしらね
DSC05178
この部屋はテレビが見やすそう
DSC05179
DSC05169
DSC05181
DSC05182
DSC05183
DSC05184
DSC05186

廊下の突き当りが105

IMG_9132IMG_9146
空間・家具の配置は一番しっくりくる。北欧っぽい
DSC05132
完全な沼ビュー
DSC05133IMG_9134
IMG_9133
IMG_9135DSC05153窓からの眺め
IMG_9136

ボブが描きそうな景色

申し訳ないけど、肉眼で見る景色はこんなに幻想的ではない
IMG_9137
IMG_9138

テラスは沼を満喫できる
IMG_9139

別館風呂から見えないように目隠しは大きめ。でもこの場所を独占できるのはやはり特別感がある
DSC05163

位置関係が分かりづらいけど洗面所からの画像。扉の向こうに水屋があるDSC05148

105だけ水屋が洗面所と別
DSC05149

キューリグではなくネスプレッソ。本館よりも高級
IMG_9434
IMG_9433
飲み物のラインナップは本館と変わらず
IMG_9435

宿泊開始日に合わせて入れ替えるのかもしれない

水屋と洗面所の位置関係
IMG_9140

洗面台とトイレが一緒なんだよな。右手の扉が風呂の入口…どうしてこうなった
DSC05135

しかもこのトイレはセンサーで便座の蓋が開閉するので風呂に出入りするたびにヴィーンヴィーン煩い

DSC05147

色々苦労されたのだろうけど、使い勝手は良くないだろうな
DSC05136

風呂は一番広くて2人がゆったり入れる
DSC05146

眺望はあまり良くない。覗くように沼を見る
DSC05143

IMG_9142
IMG_9143

どうでした?

部屋代が高い、というよりサービス内容も本館とは別物になるのかしら。新レストラン棟のテーブルは5つなので、本館と食事内容も違うのかもね。そう考えると、別棟風呂は別棟宿泊者専用と考えるのが妥当か
根掘り葉掘り聞いても良かったんだけどね。泊まる資格もないのに野次馬根性で質問するのは野暮だからしなかったよ。想像するほうが楽しいし

コメント

  1. アバター minimal1991 より:
    じっくり見させていただきました。ありがとうございます。
    旅行に行きはじめに行った思い出の宿ですが、新館は予算的に行けそうにありません。
    これから家具や小物も増えるのかもしれませんが、とってもシンプルですね。
    北欧インテリアからは、ずれるのかもしれませんが、4万超えの宿だともっと高級感がほしいところです。私も行かないのに文句ばっかり言ってすみません(笑)
  2. アバター きい より:
    いつも楽しみにしております。
    前回教えていただいたパスワードがわからなくなってしまったため、もう一度教えていただけると嬉しいです。
    ibfjlq@1timl.com
  3. アバター とむこ より:
    >>1
    確かにシンプル。風呂が付いたから+1万円、では不満が出るかな?泊まることの出来ない僕には与り知らないことだけどさ。
    オーベルジュドゥオオイシもaalto別館も値段は対して変わらないでしょ?minimal1991さんのブログ見てるとヨユーって気がしますが

  4. アバター clottin より:
    lqaqxz@1timl.com
    以前パスワードを教えて頂いた時のHNは clottinでお願いしたと記憶していますが、間違えていたらすみません。
    長野県在住のものです。
    またよろしくお願いします。
  5. アバター clottin より:
    おはようございます!
    昨日4番目にコメントさせて頂いた clottinです。
    昨日取得したメールにログインできなくなってしまったためお手数ですが再度yyqwlh@1timl.comにパスワードを送っていただけるとありがたいです。
    お手間をかけて申し訳ありませんがよろしくお願いします。
  6. アバター clottin より:
    おはようございます!
    昨日4番目にコメントさせて頂いた clottinです。
    昨日取得したメールにログインできなくなってしまったためお手数ですが再度yyqwlh@1timl.comにパスワードを送っていただけるとありがたいです。
    お手間をかけて申し訳ありませんがよろしくお願いします。
  7. アバター とむこ より:
    >>7
    なら良かった
タイトルとURLをコピーしました