スポンサーリンク

湯野上温泉 民宿いなりや4@朝食

スポンサーリンク
スポンサーリンク
朝風呂に入る。寝て起きたら何時でも大丈夫ルール。当日は朝から雨で、運転には好都合・雪見風呂が出来なくて不都合。紅葉も終わり露天風呂の景色は寂しいが、雪が積もれば見栄えのある雪見風呂が楽しめるだろう


朝食は7時以降で、7時半にお願いした。
DSC03286
ご飯は自分でよそっても良いし、お願いしても良いし
DSC03288
釜の写真を撮っているところをおっかぁに見られ苦笑いされる。苦笑いを返す
たしかに「お前は何をしてるんだ」と自分でも思う

「新米だから美味しいよ。食べてみな」と装いたてのご飯を食べるまでおっかぁは離れないDSC03291
「美味しいだろ。たくさん食べな」と言い残し厨房に戻る

お櫃じゃなくて安心する
DSC03292

初期配膳
DSC03290
本来なら全部揃った所で写真を撮るが、ぽつりぽつりとおかずが追加されるので全体像はない。DSC03295
DSC03294
DSC03296
DSC03293
DSC03297
DSC03298
DSC03303

後から来るもの

ウインナー
DSC03306

玉子焼
DSC03308

味噌汁はお椀にぎっしりと具が詰まっていた。汁入りの具
DSC03312
朝食でも少し牙をむく

DSC03301

見送りの言葉はおっかぁの「また話しにきな」である


風呂でもなく食事でもなく居心地でもなく「また会いましょう」というのだ。最後まで飾らず美しい言葉を使う。無遠慮に心をグニグニ揉まれてしまうのはとても心地よい。話すというよりずっと構ってもらった1泊2日でした。若旦那・おっかぁ共に外まで見送りに出てくれて「また来るね」と約束し急いで車を出す。いつも見送りは苦手だ。小雨の中お辞儀なんてしないでよ、心が痛い


コメント

  1. アバター minimal1991 より:
    こんにちは。前回のおいなりさんが衝撃的すぎますが、お味噌汁もすごいですね。お饅頭の天ぷらも気になります。終盤のお蕎麦は恐怖でしかないです。
  2. アバター とむこ より:
    こんちは。あんなに大盛りにしなくたってと思いますが、「たくさん食べな」というおもてなしなんでしょう。初宿泊で食べきれず、リピートして完食を目指す人も多いみたいです。
タイトルとURLをコピーしました