下諏訪温泉 旅館おくむら1-2@部屋

チェックインが16時からと、旅館の中では遅いですね

玄関の扉を開けると、ご主人と女将さんが出てきて「かまって」くれます
IMG_3281

「靴だけは冬装備だけど、他はダメだなぁ」とか「頭濡れてるから手ぬぐいで拭きな」とか
祖父・祖母が孫に接する時の雰囲気、あれです

初訪問で初対面、本当の祖父母ははるか昔に亡くなっている年齢の我々を
孫のように扱い、一瞬で心をほぐしてしまう

接客のテクニック云々ではない、ご夫婦の人柄そのままの挨拶

このやり取りだけで、全てを愛してしまった


玄関には宿泊人数分のスリッパが並ぶ

「女の人は花柄ね」
見やると、花柄のスリッパは一つ。歓迎看板には6つの名前
我々を除く5名は男性一人泊だった思います。そんな旅館も初めて
IMG_3278

年季の入った建物、奥に長い館内ですIMG_3282
 
今回の客室は2階なので、階段で上がる。当然、エレベーターはない
IMG_3287
 
年季は入っていても、館内はとても綺麗です。所々、レトロだなとは思う程度
IMG_3249


客室「もみじ」
IMG_3242

踏込があって、襖を開ける
IMG_3250

8畳間二間続き
IMG_3251IMG_3252
IMG_3257IMG_3197

IMG_3253

現役のダイアル式電話。使い方がわからない人もいるだろう
IMG_3254


二間続きだから布団が敷かれているかと思ったら、そうではない
IMG_3256
ちゃんと、食後に敷いてくれる

お茶を淹れてもらい、「夕ご飯は18時から食べられます。」とアバウトな時間決め
18:30にお願いする
IMG_3259
IMG_3196

IMG_3262




コメント

タイトルとURLをコピーしました